ポール・スミザー講演会

こんばんは。

今日は佐川町でポールスミザー氏の講演会があり行ってきました。

NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で取り上げられたイギリス出身のガーデンデザイナーです。

植物や自然の気持ちに寄り添いながら、美しい庭はできるようでした。

興味深くユーモアいっぱいのお話は時間を忘れてしまうほどでした。

(講演のメモ)

植物は其々代々育ってきた環境に応じた形になっている。

彼はその植物の葉の大きさ、背丈、葉の形からどのような環境が適切なのかを見分けている。

散歩などで見つけた植物の「種類」「形状」と「生育環境」のリストアップを勧めていた。

草木を植える場合に起こる生育不良の問題は肥料不足ではなくほとんどが日当たり、水分、土質、

などの環境がその植物に不適な事にある。砂利に植えたり、土のやせた場所等、植物に応じた場所を

選び定植する。

植物は元気に育てば自分の事は自分で守る力を備えている。

様々な植物、生き物を呼び集めることでバランスのとれた生態系を育てる。

佐川町,牧野公園での地元に生息する植物を集め植える取組を挙げ、一番の町おこしは、豊かな自然を守り生かす事である。

もし枯れても自分を責めない。

メモ以上です。

野菜作りでは山下一穂さんから「畑の中に小さな自然を再現する。」と教わりました。

共通する大切な事だと思いました。

落ち葉スポット。

IMG_2589[1]

終わりです。

ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中