海水EM活性液

EM活性液を作るために近くの浜で海水を汲んできました。

左から海水、糖蜜、EM1でございます。

IMG_2604[1]

そして説明書の水の分量を海水に置き換えて作りました。

かいすいの利用はEM開発者の比嘉さんがネットの記事で紹介していました。

リンクです

http://www.ecopure.info/rensai/teruohiga/yumeniikiru90.html

EMで放射能の除染もできるそうですがなかなか公に認められないのは技術がコペルニクス的転回であるからだと思います。

そして仕込み完了です。↓

楽しみが増えました。

IMG_2605[1]

下の写真は米のとぎ汁に砂糖とEM活性液を入れて発酵させたもので、他にも何本か出来ているのですが特にお気に入りのものです。

ぶどうの香りがします。

絶対美味しいと確信したので(笑)、少しなめてみると砂糖の甘味と乳酸発酵の酸味と発酵で生成された炭酸のしゅわしゅわでファンタグレープでした。

IMG_2606[1]

ありがとうございました。

それではおやすみなさい。

P.S.

海水の組成

量的にはわかりませんが多種のミネラルが含まれています。

元素 濃度(g/kg)
塩素イオン Cl 19.350
ナトリウムイオン Na+ 10.760
硫酸イオン SO42-  2.712
マグネシウムイオン Mg2+  1.294
カルシウムイオン Ca2+  0.412
カリウムイオン K+  0.399
炭酸水素イオン HCO32-  0.145
臭素イオン Br  0.067
ストロンチウム Sr2+  0.0079
ホウ素 B3+  0.0046
and more

海水一滴に入っているプランクトンだそうです。↓

海1

小さくて映っていない細菌やウイルスも含めるとさらにものすごい数になるようです。

 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中