佐竹家生ごみ循環システムの今

こんばんは。去年の春から家の生ゴミを肥料にしたくて、いろいろ試していました。

これまでは米糠の嫌気ボカシ肥料(酸素を使わない発酵)を生ごみと混ぜ合わせて保存していました。

最近、雨の当たらない堆肥小屋を作ったことで好気発酵(酸素を使う発酵)ができるようになったので、生ごみ循環システムは思い描いていた形に一歩近づきました。

堆肥小屋でまず作ったのは今まで溜めていた生ごみを使った堆肥と、生ごみを保存する材料の床材(とこざい)です。

 

 

IMG_3677[1]

ここ数週間、「床材」を作っていましたが、先日完成しました!!

 

 

IMG_0347[1]

こちらがその「床材」です。材料は土、米ぬか、籾がら、落ち葉です。

さらさらで匂いもあまりありません。

 

そして!!

IMG_0348[1]

リンゴ箱を改造して生ごみ処理マシン1号も制作しました。試作品なので改良していく計画でありますが、穴をあけたペットボトルを通気口として取り付けた好気細菌への思いやりがポイントです。

生ごみを入れた上に床材をふりかけていくを繰り返します。

箱が満杯になれば中の物を堆肥の材料として使い、もう一度高温で発酵させます。

 

堆肥の作り方は橋本力男さんの本「畑でおいしい水をつくる」 を基にしています。

すごく好きな本です。

 

 

石油がなくなったり、災害などの非常時には排泄物の処理も多分できそうです。

自分たちで循環していける社会にしていくことで災害の被害を減らし、備えにもなるなーと床材を作りながら考えていました。

 

ありがとうございます。

終わりです。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中