葉っぱの観察

間違っている所も多々あると思います。

何となくで書いています。お許しください。

茄子の葉っぱの虫喰いを見ていると、アトピー性皮膚炎に似ているな思いました。
有機肥料で追肥をすると虫喰いが酷くなります。(撒いた後、雨で畑がビチャビチャになりました。)
土に有機肥料(タンパク質やアミノ酸)をまくと、まず微生物に分解されます。その時、一部がアンモニアなどのガスに分解されます。それを植物が吸収すると葉は虫の好きな味になりパクパク食べられます。また、ガスの影響で病気になってしまいます。

そして葉っぱが傷つきます。

人がタンパク質を食べると、体の中で消化酵素や、腸内細菌の働きでアミノ酸に分解されます。それを腸で吸収して、体を作って行きます。

しかし、腸内環境の影響で腸内細菌がタンパク質を硫化水素やアンモニアのガスにまで分解してしまうと、それを腸が吸収し血液にガスが入ってしまいます。

そのガスの影響で皮膚に炎症が起きるのだと思います。

①タンパク質
          ⬇︎(分解)

②アミノ酸

          ⬇︎(分解)

③アンモニア、硫化水素等(低分子の化合物)

生物にとって厳しい環境になると、合成する働きが弱り、色々なものを解体してしまおうとする働きが強くなると思います。

人や動物の細胞に酸素や栄養がうまく配られなくなると、細胞は生延びるため酸素がなくても活動出来る状態に変化し、その結果癌化します。
人間も恐怖や生存の危険を感じると、本能が自己防衛の手段として、軍事力依存や争いを選ぶようになります。それは、今迄長い時間積み重ねたきた家族、文化、知恵を一瞬で消してしまいます。

人や生き物はどんな夢や未来でも思い描ける事は必ず実現できると信じています。
未来をみんなでつくっていきたいです。
終わりです。

いつもありがとうございます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中