食の未来予想

畑しているとやっぱり他の生き物を殺してしまう場面があります。

機械を使うと何倍も早くできるので、野菜も沢山できます。すごくありがたいです。

だけど草刈り機でバッタとかかえるを傷つけてしまう事があります。

有機農業で作物を沢山作るとなると、やはりビニールや機械や燃料が必要なので環境や他の生き物にとって負担はかかります。

 

 

今までと今後の農業の経過(個人的な見解)

 

農薬や化学肥料を使って沢山の食料を効率的に安定供給できる時代。

🔽

食料需要を満たす慣行栽培と

有機農業の両立

🔽

いろいろな技術を融合した生産性の高い農業(有機農業、減農薬や環境負荷の少ないやり方へ移行)

🔽

家庭菜園で食べ物を自給する時代

流通コストも無く環境への負担はほぼ無いと思う。これからは家族が自給する畑を持つ事が当たり前になる時がくるのかなと思っています。

徐々に経過を辿ってそういう方向に進んで行くのかなと思います。

環境に悪いからあれもダメやこれもダメやとなると動けなくなるので、求められる仕事をしながら時代に応じて少しずつ変化していくものなのかな。

その時のベストのやり方があってあんまりいろいろと固執せずに軽い足取りで変わって行くのも良いなと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中