目標

 

 

山形功の詩集「いつかはー」から「はじめに」を抜粋しました。
私の祖父です。

 


はじめに

あれ(敗戦)から三十年
くるしみ かなしみ くるい くい
「いつかは」「いつかは」と
しのび しのび
たえに たえて きたに

 

政治はクサった 経済はスエた
科学は先き走って 文化はヒズみ
社会は病んで 人間が いきづまっとる
医者だ 医者を呼べ
人間の医師を!

 

人間は カネだけでは 生きれん
キカイも なくて ことたる
なくて かなわぬ 血 汗 涙
三素いっぱいで おもいやる
やさしさ かわいさ かしこさを

 

分けあい 生きあう たのしさを
カネと キカイが ぶっこわした
カネは ブタを ふとらせ
キカイは モヤシを はびこらせた
ブタや モヤシは 人間ではない

 

無限年に 無数人の
人間の 生き死に
遠つ親から 君にまで
君から子に 子から その子へ
まだまだ これから
         もう 無限年 無数人・・・・

 

ああ 地球=人間の星よ
こよなく なつかしく
はてなく かなしく
きりなく たのしい
われらの生き場=ふるさとよ

 

もとは ひとつの
君よ あなたよ
地球一家の だんらんを
世代から世代 世紀から世紀へ
まどかに たのしもう

 

見よ
世紀は落日を急ぎ
世代は落葉してやまぬ
落日を日の出に さそい
落ち葉を芽吹きに つなごう
「いつかは――」「いつかは――」
来る 来る きっと
人間世界が!
この 人こいしさの一念を 
後生大事に ぬくめぬいて―――

 

つたないながら 生いっぱい
やっとの おもいで カタコトを―――
いのります いのります
いつか どっかで 誰かの何かに
この〝生書〟が役立ちますように

 

 

 

1978年10月3日  山形 功(やまがた いさを)

 

 

 

抜粋おわり

 

 

嬉しいこともつらいことも

目の前の全部を糧にして自分を育てていこう。

いつの日か大事な人を助けるために。

人間の医師になるために。

 

 

読んでくれてありがとうございます。みんな一緒に進んでいきましょう!

 

1622658_1540266862864332_2136893303_n

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中