敷き草好き


敷き草をリュウキュウにしています。

敷き草の下は敷き草を食べる虫が増えます。

蜘蛛と ヤスデ類、わらじ虫、ミミズ等が多くなりました。
前に自分で作った完熟でない堆肥を草上にやった時、虫食い穴が増えた後、リュウキュウの成長が良くなりました。

土の表面でも未熟な肥料だと、施肥直後は虫が出てくるなという感じです。

肥料由来の硝酸態窒素が葉っぱに溜まると虫食いが起きると言われています。野菜の苦味やえぐみの素らしいです。


堆肥作ってます。よく臭くなって失敗するのですが、、、

ハエ系の虫はアンモニアとかメタンのガスっぽい臭いが好きみたいで、それに集まってくるのかなと思いました。
それぞれの虫好みの味や香りがあるみたいです。
養分の多い有機物(C/N比の高い、窒素分が多い)➡︎糞や生ゴミ、魚等は羽の生えたハエの好物。卵を産み付けていく。

ハエは掃除係。

養分の少ない有機物(C/N比の低い、窒素分の少ない)➡︎雑草、わら、草はミミズやヤスデ、ダンゴムシ等の飛べない虫の好物。

土への分解係。

人間が好きな味は旨味成分で、アミノ酸かな。

草食の虫は葉に溜まる硝酸態窒素が好き。

枯葉や落ち葉食べる分解系の虫は枯葉が発酵(微生物が分解)しはじめた物が多分好き。
養分が濃いところに生き物が集まってきて、生きるエネルギーに変えて分散させる働きが自然にあるな。
終わりです。

いつもありがとうございます!🐠

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中