高知新聞の高知県経済産業振興計画の広報を見て

 
これから産業は経済の成長よりも精神的なところや自然を大切にする所が軸になると面白いと思いました。
ものがたくさんあってもう経済成長は限界かなぁと思います。
若い人たちが現状に違和感を持っている事も多く、方向を修正していけば自とやりがいある楽しい仕事が地元にも増えるだろうなと思います。
西洋文明の物質が豊かになる時代がひと段落し、それとあわせてこれからは忘れかけた人の幸せや自然と共に生きていくことを再び求めていく時代がやってくるのでしょう。
学校で教わった世界史は争いがメインで今の文明が文化、技術共に最も優れているイメージがありました。しかし古代文明には今と同じかそれ以上のテクノロジーがあって同じ事を繰り返しているのではないかと感じます。
エジソンが電球を発明してから現在まで140年くらい。この短期間でここまで進歩できるので、古代文明の栄える時代にも今のようなテクノロジーがあっても不思議でないとふと思いました。
文明の衰退する原因は環境破壊や過剰な農耕で土を砂漠にしてしまう事だとも言われます。
高知が生き物や自然を大切にするやり方を始める事で、日本各地や世界に対してお手本を示せるような自治体になっていけば、高知県民としてなにより嬉しいことです。
知っていることなんか実は凄く少なくて、まだまだ知らない本当にワクワクすることがたくさんある予感がしています!!
高知新聞より
KIMG0161[1]
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中