かんがえたこと2

社会や物の変化には見えないエネルギーが関わっています。

①物質の世界には量子の結合力と反発力があります。
②心の世界にも結合力と反発力があります。

おそらく元をたどると心の世界も物質の世界も同じエネルギーです。
これを昔の人は陰陽という考え方で研究していました。

①②のような結合、反発のバランスをとって調和が生まれます。

核エネルギーは大きな力を持っています。
原子の引力と斥力の調和を崩すことで崩壊させ、核エネルギーを取り出します。

人間も体や心の調和が崩れると、病気、不安、競争意識、恐れなど生存の為の本能が優位になります。

そして強いものに守られたい欲求が強くなり、強い権力を求めます。多分そのためにネガティブな気持ちを煽るニュースや食品添加物が多いのです。
権力構造は相互依存無くして成り立ちません。

衣食住など生活を大きな所にやってもらうと自分でできなくなります。
なので何かあったときはリスクが高いです。また政策や権力に価格や量も左右されます。
そこで生じる不満エネルギーは争い、分離へとつながります。

今、世界中にたくさん核兵器があります。
核爆発は巨大な分離のエネルギーで地球のエネルギーのバランスをいっきに乱すことになります。
普通の生きものなら望まないことです。
しかし心が光を失い、怒りや、不満に世界が包まれた時使われる可能性は高くなります。

誰もが使命を持って生まれました。
自分を信じてあげられないのです。

信じる事ができれば想像もできないほどきれいな地球になると思います。

私たちは今別れ目にあります。

読んでいただきありがとうございます。(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中